離乳で子どもは成長する

このエントリーをはてなブックマークに追加 

離乳で子どもは成長する

離乳で子どもは成長する

 

離乳で子どもは成長する

 

赤ちゃんの中には、なかなか離乳ができない子もいます。
1歳を超えても、哺乳瓶でミルクを飲んでいる場合もあります。
しかし、それは何もダメなことではありません。
そういった子がいることも確か。
「他の子はもっと早く離乳した!」と思っても、個人差がありますので、気にする必要なんて何もありません。
その子もいつかは離乳するのです。
無理に離乳させる必要はありません。その子の気がすむまで、続けてあげればいいのです。

 

また、離乳に関してですが「離乳すると成長する」という話を聞いたことがありますか?
これまではお母さんの胸の中でしか眠れなかった子が、離乳すると途端に一人で眠れるようになる、というものです。
実際に、そういった子もいるのです。

 

子どもは精神年齢に大きな差が出る

 

離乳で子どもは成長する

 

子どもと接する場合、一番重要なのは、その子の精神年齢を見るということです。
実際の年齢とともに、精神年齢も上がっていくものですが、それには個人差がいます。
2歳の子なのに、一緒に居ると「抱っこ!抱っこ!」と言う子もいます。
精神年齢にしてみたら1歳くらいです。
子どもとの接し方は、実年齢ではなく、その子に合わせた方法で!

 

2歳でよくしゃべる子もいる

 

離乳で子どもは成長する

 

先ほどとは逆に、2歳の時点でおしゃべりができる子もいます。
「〜はね、〜なんだよ!」
といった説明をたくさんしてくれる子もいます。

 

この子が第一子だった場合、親はどう思うでしょうか?
おそらく「何も思わない」でしょう。
だって、その子しか知らないのだから。
親にとっては、その子が普通になります。

 

そのため、他の子と関わる際に、ちょっと勘違いをして関わり方を間違えてしまうこともあります。
「自分の子が平均」というわけではありません。

 

あ〜んが得意な子

 

離乳で子どもは成長する

 

先ほどとの繋がりもありますが、最近の子は非常にお利口さんなのだそうです。
例えば、数十年前の子ども。
数十年前の1〜2歳くらいの子どもに「はい、あ〜ん」といっても、なかなかあけてくれなかったのだそうです。
しかし、最近ではほとんどの子どもが言葉を理解し、行動してくれます。

 

これは、おそらく教育もあるのでしょう。
数十年前と今の教育はもちろん全く違います。
そのせいもあるのでしょうが、幼いころから賢い子が増えていることも間違いありません。

 

そういった子と関わる際、どういったことに気を付ければいいでしょうか。
「しっかり論理的に話す」ということです。
幼くても、言葉を理解し、内容を理解しているのです。
幼い子は素直です。そんな子に嘘を教えてはいけません。

 

現代っ子は成長が早い!

 

離乳で子どもは成長する

 

最近の子は育ちも本当に早くなっています。
例えば、寝返りは普通どれくらいにできるようになるかご存知ですか?

 

基本的には、生後6ヶ月ごろだと言われています。
生後6ヶ月でやっと、自分自身で寝返りがうてるようになるのです。

 

しかし、最近の子はというと…?
もちろん個人差はあります。
ですが、生まれて3ヶ月で寝返りがうてるようになる子もたくさんいるのです。

 

また、自分自身で歩き出すのも、基本的には1歳から。元気いっぱい歩き回るようになるのは1歳半だと言われています。
しかし、中には1歳に満たない子でも、元気に走り回る子もいるのです。

 

現代の子は、こういった具合に、成長がとても早くなっています。

 

大泉門は危険!強い刺激に気を付けて!

 

離乳で子どもは成長する

 

生後すぐは、赤ちゃんの頭の一部がぴょこぴょこしています。そこを「大泉門」といいます。
その部分は、必ず大事にしてあげてください。

 

そこを押すことは、つまり脳を直接押していることと同じことです。
今後、どのような影響があるか分かりません。

 

もちろん、ちょんっと押しただけでは何も変わらないでしょう。
しかし、強くおしてみたり、引っ張ってみたり…。
そういったことはないようにしましょう。

 

乳糖不耐症とは

 

離乳で子どもは成長する

 

乳糖不耐症とは↓

 

(にゅうとうふたいしょう)とは、消化器系統で乳糖(ラクトース)の消化酵素(ラクターゼ)が減少して生じる不耐に関する諸症状のこと。多くの場合、消化不良や下痢などの症状を呈する。

 

参考:wikipedia

 

 

こういった病気系の知識も、ネットで調べればすぐに出ます。
上の情報もすべてwikiから引用させていただいたものです。

 

こういった「ネットでの情報」は本当に便利であり、現代社会を生きている人なら使ったことがあると思います。
しかし、中には不確かな情報も…。

 

実際に、病院では次のようなことがあるそうです。
「私の病気、〜だと思うんですけど、このお薬下さい」。

 

どうでしょう?ちょっと危険だと思いませんか?
もちろん、お医者さんはしっかり診断し、正しい判断を行ってくれますが、もしも病院に行かなかったら…?

 

今では、お薬を通販で購入することだってできます。
そういったルートから入手してしまい、結局違う病気だった…となると、お金の無駄ですし、体への影響も心配になります。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

フィニッシュベイビーボックスで育児を楽に!

皆さんはフィニッシュベイビーボックスをご存知でしょうか?

フィンランドでは、赤ちゃんが生まれた時に、国から赤ちゃんへ贈り物をします。
その贈り物は「お金」と「マタニティボックス」と呼ばれる箱です。
お母さんは、そのどちらかを選んで受け取ることになります。

その際、皆さんであればどちらを選びますか?
実は、フィンランドの女性の多くは、マタニティボックスを選ぶのです。

マタニティボックスには、赤ちゃんが1年間育つのに必要なグッズが揃っています。
例えば、赤ちゃん用の服であったり、涎掛けであったり、おもちゃであったり、絵本であったり…
さらには、マタニティボックス自体が赤ちゃん用のベッド替わりとなるのです。

そんな便利なマタニティボックスですが、実は日本でも「購入」という形で手にすることができます。
それが「フィニッシュベイビーボックス」なのです。

最近では、多くの方がフィニッシュベイビーボックスを購入されています。
有名人の方でも購入する方が増えたため、知名度も上がってきましたね。

2人目以降のお子さんの場合は、お下がりがありますので、フィニッシュベイビーボックスはそこまで必要ではないかもしれません。
しかし、1人目の場合は、服や涎掛けなどの必需品を、すべて買い集めていかなければなりません。
手間もかかりますし、金額的にも辛いものとなります。

フィニッシュベイビーボックスであれば、それらの悩みを解決することができます。
フィニッシュベイビーボックスさえ購入すれば、それだけで準備が終わるのです。
また、値段的に見ても、フィニッシュベイビーボックスに軍配が上がります。

フィニッシュベイビーボックスには、2種類あります。
一つがオリジナルタイプ、もう一つがムーミンタイプです。
ムーミンタイプの場合は、お値段が1万円以上高くなってしまうのですが、ムーミン好きにはたまらないグッズがたくさん入っています!
また、値段が高いぶん、入っているものの質も高くなります。

赤ちゃんが生まれる季節、赤ちゃんの大きさによっても、フィニッシュベイビーボックスの中身は変わります。
オーダーメイドで、その赤ちゃん専用のフィニッシュベイビーボックスを手にすることができるのです!

トップページにて、フィニッシュベイビーボックスについて解説していますので、是非ご覧くださいませ!

離乳で子どもは成長する