赤ちゃんの平熱は高い!

このエントリーをはてなブックマークに追加 

赤ちゃんの平熱は高い!

赤ちゃんの平熱は高い!

 

赤ちゃんの平熱は高い!

 

赤ちゃんの平熱はどれくらいかご存知ですか?

 

基本的には、37度前後と、大人よりも少し高めになります。
中には「これ、微熱があるんじゃないの!?」と心配される方もいますが…それが赤ちゃんにとっては平熱なのです。
また、蒸し暑い場所にいたときは38度前後になることもあるそうです。
さすがに、38度の場合は熱があると思ってしまいますよね。
大人の場合は、38度なんてそうそうでないものですから。
心配になってしまうのも仕方がありません。

 

しかし、赤ちゃんはそうではないのです。
お昼、保育園で蒸し暑い中活動して、38度に。
その後、家に帰ると37度に…。
なんてこともあるのです。

 

もちろん、心配であれば病院に連れて行くことがベストです。
もしも本当に病気だったら大変ですから。

 

しかし、時には高熱になることもある、ということを知っておきましょう。

 

また、昔では体温調節機能が発達しており、そういった子はあまりいなかったそうです。
おそらく、エアコンなどの普及によって、だんだんと変わってきているのでしょう。
進化か退化か。それはわかりませんが、人も少しずつ変わってきているのです。

 

このサイトでも「赤ちゃんの成長が早くなっている」と何度も言っていますが、そういったこともあります。

 

少し前の知識では、正しい赤ちゃんとの接し方ができない場合も…。
今に合わせた赤ちゃんとの接し方を知っておきましょう。

 

風邪をひかないのはもともと抵抗力が強い証拠!

 

赤ちゃんの平熱は高い!

 

子どもの中には、全く風邪を引かない子もいます。
そういった子は、もともと免疫力が強いのです。

 

しかし、中には次のように考えるお母さんもいます。

 

「病気にかかったことがないってことは、免疫がつかないんじゃないの…?」
「今後、大きな病気に罹ることがありそう…。

 

確かに、おたふく風邪などは子供のうちに発症しておくべき病気であるといえます。
しかし、風邪を引かないのはもともと免疫力があるという証拠です。
特に心配する必要なんてありません。

 

突発性発疹とは

 

赤ちゃんの平熱は高い!

 

突発性発疹をご存知でしょうか。

 

突発性発疹は、高熱を出した後、突然発疹が出てきてしまうといった病気となります。
この病気は、基本的に赤ちゃんが発症しやすいと言われています。

 

しかし、中には3〜4歳の子の中でも出てきでしまう場合も…。
突然突発性発疹が出てきたら、ちょっとびっくりしてしまいますよね。
赤ちゃんの場合は「突発性発疹だ!」とすぐに気付くかもしれませんが、成長してしまったら、頭から抜け落ちてしまっているかもしれません。

 

突発性発疹は、3〜4歳の子もかかることがあるということを覚えておきましょう。

 

赤ちゃんはおなかが飛び出ているもの

 

赤ちゃんの平熱は高い!

 

赤ちゃんはお腹が飛び出ていますよね。
それは普通のことです。決して太っているわけではありません。

 

しかし、中にはお腹がぺちゃんこになっている子も…。
そういった子は「痩せている」んじゃなくて「異常がある」んです。
おそらく、病気にかかったりして食欲がなく、体力が落ちているのでしょう。

 

赤ちゃんの場合は、自分の意志を自分で話すことはできません。お母さんやお父さんが気付いてあげなければいけないのです。
是非、お腹にも注目してあげてください。

 

離乳食の量は気にすることはない

 

赤ちゃんの平熱は高い!

 

離乳食をたくさん食べる赤ちゃんもいますよね。

 

適切な離乳食の量は、赤ちゃんによってもちろん違います。
「これ、食べ過ぎじゃない?」「あれ、全然食べない…本に載っている量と違う…。」
そういったことがあるのも当たり前です。体の大きさ、個性があるのですから。

 

「食べ過ぎ」だからといって、無理に制限はしないようにしましょう。
赤ちゃんは、これ以上食べられないと感じたら、自分でセーブします。
そこはお母さんやお父さんがセーブしなくてもいいのです。

 

離乳食の量は全く気にすることはありません。
その赤ちゃんが満足するまで、食べさせてあげましょう。

 

食事中にむせるのは…?

 

赤ちゃんの平熱は高い!

 

食事中によくむせる子どもがいます。
それは、まだ「飲みこむ」ということに慣れていないからと考えられます。

 

例えば、唐揚げを食べようとするとします。
しっかりかんで、飲みこむ。それでもむせる。
しかし、飲み物はいくら飲んでもむせない。
そういった場合は、ほとんどの場合が「飲みこむ」ことに慣れていないからです。

 

その『むせる』ことは、いずれなくなります。
日常生活を一緒に送っていけば、いずれは成長とともに気にならなくなるものです。
ですから、是非気にしないようにしましょう。

 

喘息の子どもは多い!

 

赤ちゃんの平熱は高い!

 

喘息の子どもはたくさんいます。
実際に、私のまわりにもたくさんいました。

 

しかし、中には喘息であっても、お医者さんのミスによって普通の風邪薬が出されてしまうことも…。
最近ではセカンドオピニオンがいいと聞きますよね。
それはその通りです。
お医者さんも人間です。一人が下した決断よりも、二人の意見の方が安心できますし、もしも診断ミスをしたとしても、カバーをすることができます。

 

もちろん、面倒に感じることだと思います。
しかし、子どもの為だと思って、そこはセカンドオピニオンをしてみましょう。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

フィニッシュベイビーボックスで育児を楽に!

皆さんはフィニッシュベイビーボックスをご存知でしょうか?

フィンランドでは、赤ちゃんが生まれた時に、国から赤ちゃんへ贈り物をします。
その贈り物は「お金」と「マタニティボックス」と呼ばれる箱です。
お母さんは、そのどちらかを選んで受け取ることになります。

その際、皆さんであればどちらを選びますか?
実は、フィンランドの女性の多くは、マタニティボックスを選ぶのです。

マタニティボックスには、赤ちゃんが1年間育つのに必要なグッズが揃っています。
例えば、赤ちゃん用の服であったり、涎掛けであったり、おもちゃであったり、絵本であったり…
さらには、マタニティボックス自体が赤ちゃん用のベッド替わりとなるのです。

そんな便利なマタニティボックスですが、実は日本でも「購入」という形で手にすることができます。
それが「フィニッシュベイビーボックス」なのです。

最近では、多くの方がフィニッシュベイビーボックスを購入されています。
有名人の方でも購入する方が増えたため、知名度も上がってきましたね。

2人目以降のお子さんの場合は、お下がりがありますので、フィニッシュベイビーボックスはそこまで必要ではないかもしれません。
しかし、1人目の場合は、服や涎掛けなどの必需品を、すべて買い集めていかなければなりません。
手間もかかりますし、金額的にも辛いものとなります。

フィニッシュベイビーボックスであれば、それらの悩みを解決することができます。
フィニッシュベイビーボックスさえ購入すれば、それだけで準備が終わるのです。
また、値段的に見ても、フィニッシュベイビーボックスに軍配が上がります。

フィニッシュベイビーボックスには、2種類あります。
一つがオリジナルタイプ、もう一つがムーミンタイプです。
ムーミンタイプの場合は、お値段が1万円以上高くなってしまうのですが、ムーミン好きにはたまらないグッズがたくさん入っています!
また、値段が高いぶん、入っているものの質も高くなります。

赤ちゃんが生まれる季節、赤ちゃんの大きさによっても、フィニッシュベイビーボックスの中身は変わります。
オーダーメイドで、その赤ちゃん専用のフィニッシュベイビーボックスを手にすることができるのです!

トップページにて、フィニッシュベイビーボックスについて解説していますので、是非ご覧くださいませ!

赤ちゃんの平熱は高い!