子どもでも保湿は大切!

このエントリーをはてなブックマークに追加 

子どもでも保湿は大切!

子どもでも保湿は大切!

 

子どもでも保湿は大切!

 

お母さんも、保湿はしっかりしていると思います。
スキンケアの基本です。

 

それは、実は赤ちゃんにも適応されます。

 

特に、赤ちゃんのお肌は敏感です。
プールに入った場合、肌が一気に乾燥してしまうこともあります。

 

そういった場合は、必ず保湿をしてあげるようにしましょう。
今では赤ちゃん用の保湿クリームもたくさん販売されています。
そういったものを用いながら、赤ちゃんの肌をお母さんやお父さんが守ってあげるようにしましょう。

 

哺乳瓶の口の大きさについて

 

子どもでも保湿は大切!

 

哺乳瓶の口の大きさは、非常に重要です。
赤ちゃんによって好き嫌いもあります。

 

特に、最初に与えた哺乳瓶の口の大きさを赤ちゃんは覚えてしまい、それ以外の口では飲まなくなることも…。

 

また、哺乳瓶の口のサイズを最初はSSにしていて、次に購入したものが大きめのMだった場合、赤ちゃんはミルクを一気に飲みこんでしまって、咳き込むこともあります。
さらに、一気に飲んでしまった場合は、ミルクが足りないと勘違いしてしまうことだってあるのです。

 

哺乳瓶の口の大きさはできるだけ、最初に購入したまま変えないことが、トラブルが起きにくいと言われています。

 

子どもがかかる手足口病とは

 

子どもでも保湿は大切!

 

手足口病をご存知でしょうか。

 

手足口病は、子どもが主にかかる病気です。
その名の通り、手足や口に発疹ができてしまうのです。

 

手足口病には特徴があります。
手や足に発疹ができた場合、口の中には発疹ができにくく、口の中に発疹が出てきた場合は、手や足に発疹が現れにくいのです。

 

手足口病かな?と思ったら、お医者さんに診てもらいましょう。
手足口病以外にも、似たような病気はたくさんあります。
手足口病であれば、時間がたてば治るため、そこまで気にする必要はないと言われていますが、もしものことがあっては大変です。

 

また、セカンドオピニオンもできれば行いましょう。
お医者さんも人間です。誰にだってミスはあります。
特に、手足口病の場合は他の病気と症状が似ている場合が多く、できれば複数のお医者さんにしっかり診てもらうほうがいいのです。。

 

少々面倒に感じるかもしれませんが、これも赤ちゃんのためです。

 

お母さんがかけるべき言葉

 

子どもでも保湿は大切!

 

子どもは基本的に、注射が大の苦手です。
中には、注射をしに行くために家を出るときに泣き出してしまう子もいます。

 

自分の子どもがそういったことになった時、あなたはどうしますか?
どういった言葉をかけますか?

 

まさか…「こわいねー、こわいねー。」
と声をかけてはいませんか?

 

「こわいね」といって協調するのは、子どもにとってよくありません。
さらに恐怖感が強まってしまいます。

 

できれば「大丈夫、痛くないよ。」「怖くないよ」と否定してあげましょう。
お母さんも一緒に怖がっているのであれば、子どもはなおのこと怖がってしまいます。

 

お母さんの言葉には、子どもは安心します。
「痛くない」と言われれば、そう思ってくれます。
子どもは素直なのです。

 

お母さんはしっかり子供の立場に立って、言葉をかけてあげるようにしましょう。

 

子どもが出すサインに気付いてあげて!

 

子どもでも保湿は大切!

 

子どもはお父さんやお母さんに、本当にたくさんのサインを出しています。
それは、意図的なものと無意識なものを含めて、です。

 

例えば、夜泣き。
お母さんやお父さんにとっては、少しつらいことですよね。
夜にぐっすり寝ているときに、無理やり起こされるのですから。
それがストレスに感じてしまう人が多いのも確かです。

 

でも、夜泣きをしてしまう原因を考えてみましょう。
そのほとんどは「原因不明」と言われています。
寝心地が悪かったのか。興奮して寝付けないのか。ストレスがかかっているのか。
そういった原因は、赤ちゃんにしかわかりません。
さすがに、そこまではお母さんやお父さんであってもなかなか分からないことでしょう。

 

では、「下痢」についてはどうでしょうか。
これも、原因としてはたくさんありますね。
お腹を下してしまったとか、ミルクをたくさん飲み過ぎたとか…。
子どもが下痢になった場合、あなたならどうしますか?

 

正しい方法は「お医者さんに診せる」ということです。
もちろん、放っておいても治るだろう、といった考え方もあるでしょう。
そういった考えで放っておく親もたくさんいます。

 

しかし、それは子どもから親に対する「サイン」です。
「今、お腹の調子が悪いよ!」そういったことを、口から言葉は発せませんが、体で表現しているのです。

 

そういったサインを見逃し、下痢だったとしても放置してしまったら…?
もしかすると、それは何かの病気のサインだったのかもしれません。

 

もちろん、必ずそうとは限らないでしょう。
なんでもない場合だってあるのですから。

 

しかし、子どものサインをそのままにしては行けません。
その時にお父さん、お母さんができる最善の一手をしてあげましょう。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

フィニッシュベイビーボックスで育児を楽に!

皆さんはフィニッシュベイビーボックスをご存知でしょうか?

フィンランドでは、赤ちゃんが生まれた時に、国から赤ちゃんへ贈り物をします。
その贈り物は「お金」と「マタニティボックス」と呼ばれる箱です。
お母さんは、そのどちらかを選んで受け取ることになります。

その際、皆さんであればどちらを選びますか?
実は、フィンランドの女性の多くは、マタニティボックスを選ぶのです。

マタニティボックスには、赤ちゃんが1年間育つのに必要なグッズが揃っています。
例えば、赤ちゃん用の服であったり、涎掛けであったり、おもちゃであったり、絵本であったり…
さらには、マタニティボックス自体が赤ちゃん用のベッド替わりとなるのです。

そんな便利なマタニティボックスですが、実は日本でも「購入」という形で手にすることができます。
それが「フィニッシュベイビーボックス」なのです。

最近では、多くの方がフィニッシュベイビーボックスを購入されています。
有名人の方でも購入する方が増えたため、知名度も上がってきましたね。

2人目以降のお子さんの場合は、お下がりがありますので、フィニッシュベイビーボックスはそこまで必要ではないかもしれません。
しかし、1人目の場合は、服や涎掛けなどの必需品を、すべて買い集めていかなければなりません。
手間もかかりますし、金額的にも辛いものとなります。

フィニッシュベイビーボックスであれば、それらの悩みを解決することができます。
フィニッシュベイビーボックスさえ購入すれば、それだけで準備が終わるのです。
また、値段的に見ても、フィニッシュベイビーボックスに軍配が上がります。

フィニッシュベイビーボックスには、2種類あります。
一つがオリジナルタイプ、もう一つがムーミンタイプです。
ムーミンタイプの場合は、お値段が1万円以上高くなってしまうのですが、ムーミン好きにはたまらないグッズがたくさん入っています!
また、値段が高いぶん、入っているものの質も高くなります。

赤ちゃんが生まれる季節、赤ちゃんの大きさによっても、フィニッシュベイビーボックスの中身は変わります。
オーダーメイドで、その赤ちゃん専用のフィニッシュベイビーボックスを手にすることができるのです!

トップページにて、フィニッシュベイビーボックスについて解説していますので、是非ご覧くださいませ!

子どもでも保湿は大切!