子どもに食べさせる食事について

このエントリーをはてなブックマークに追加 

子どもに食べさせる食事について

子どもに食べさせる食事について

 

子どもに食べさせる食事について

 

子どもに食べさせる食事は、大人と同じでいい…そう思っていませんか?
大人と子どもでは、必要としている栄養素やその量も大きく違ってきます。

 

例えば「卵は一日一個まで」と思っていませんか?
それは、大人であれば確かにその通りです。
タンパク質が豊富ですから、大人であれば1個がちょうどよく、2個以上食べてしまうと、タンパク質の摂り過ぎになってしまいますね。

 

しかし、子どもは…?
実は、一日一個の卵では、必要なたんぱく質の量として不十分なのです。
一日に2個3個食べても、子どもの場合は良いのです。
むしろ、量が足りなければ、その分のたんぱく質を牛乳やお肉、おさかななどでしっかりと摂っていかなければなりません。

 

タンパク質は、人間の身体を作る「基」となります。タンパク質があるからこそ、血液が作られますし、筋肉も作られます。内臓だってタンパク質が無ければいけません。
タンパク質は非常に重要な栄養素と言えるでしょう。成長期であるお子さんならばなおさらです。

 

是非、今一度子どもにとってどんな栄養が必要なのか、考えてみましょう。

 

子どもに必要な栄養とは

 

子どもに食べさせる食事について

 

子どもは大人よりも、非常にたくさんの栄養を必要とします。
体が成長していますから、当然ですね。
体は小さくても、たくさんの身体の「基」を欲しているのです。

 

しかし、子どもの中には好き嫌いの激しい子もいますよね。

 

「ピーマン嫌いだから食べたくなーい!」
「チョコレート大好き!ビスケット大好き!」

 

そういった場合、あなたならどうしますか?
もちろん、あげても構いません。3時のおやつとしてあげる分には何も問題はないでしょう。
しかし、そういった「お菓子」では、なかなか本当に必要な栄養素を摂ることができません。
必要な栄養素は子どもが特に嫌う「野菜」に多く含まれています。

 

お菓子が好きだからと言ってお菓子ばかりを食べていると、お昼ご飯や晩御飯をたべなくなってしまいます。
お腹がいっぱいだったら、それは食べたくないですよね。
でも、それでは子どもの成長にはあまり良くありません。

 

そういった偏食傾向のある子どもは現在たくさんいます。もちろん、今に限ったことではありません。昔からそういった子はたくさんいました。
しかし、健やかな成長を願うのであれば、そういった子の「お願い」を聞くのではなく、しっかりと栄養を考えた「しつけ」をおこなうべきです。

 

また、最近では「カップラーメン」「インスタントラーメン」といったジャンクフードも増えてきました。
ジャンクフードは非常にお手軽で、お母さんやお父さんにとっても大助かりです。
カップラーメンであれば、お湯を沸かすだけでご飯ができちゃいますからね。
普段のお昼ご飯はカップラーメンといったご家庭も多いのではないのでしょうか。

 

しかし、もちろんそれも子どもの発達にはよくありません。
それどころか、味覚障害の原因となってしまうことも…。
塩分の摂りすぎによって、お母さんやお父さんにも体の不調が現れるときだってあります。

 

子どもに必要な栄養のことを今一度考えなおし、普段の食事をもう少し気を付けてみましょう。

 

栄養セラピーの考え方

 

子どもに食べさせる食事について

 

栄養セラピーという言葉をご存知ですか?

 

病院に行く場合、どうしても「病気になってから」「体調がすぐれなくなってから」行くことになりますよね。
しかし、それを未然に防ぐ…「未病」の段階で防ぐ効果も期待できるのが栄養セラピーとなります。

 

簡単に言えば、栄養のことをよく知って、人に合わせた、体調に合わせた栄養を摂りましょう、ということです。
風邪を引いたら、ビタミンCを摂ると良い。そういった知識を持ち合わせることによって、その子に合わせた食事を作ることができます。

 

栄養セラピーによってどうなるか

 

子どもに食べさせる食事について

 

 

「健康は日々の食事から」。
食生活の偏りや乱れは、体調にすぐに現れます。
不足している栄養によっては「なんだか今日はだるいなぁ…。」「どうしよう…むしゃくしゃする…!」といった症状が出てきます。
ここで、栄養セラピーの登場です。

 

「どういった場合には、どんな栄養が必要」そういった知識を持ち、食事を作ることによって、日々の健康を守ることができるのです。
特に、お子さんがいるご家庭の場合は必要といえます。
子どもの健康を守るのは親の役目。まだ自分自身では守れないのです。

 

是非、お子さんをしっかり見てあげて、食事をしっかり作ってあげて、健康を守ってあげましょう。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

フィニッシュベイビーボックスで育児を楽に!

皆さんはフィニッシュベイビーボックスをご存知でしょうか?

フィンランドでは、赤ちゃんが生まれた時に、国から赤ちゃんへ贈り物をします。
その贈り物は「お金」と「マタニティボックス」と呼ばれる箱です。
お母さんは、そのどちらかを選んで受け取ることになります。

その際、皆さんであればどちらを選びますか?
実は、フィンランドの女性の多くは、マタニティボックスを選ぶのです。

マタニティボックスには、赤ちゃんが1年間育つのに必要なグッズが揃っています。
例えば、赤ちゃん用の服であったり、涎掛けであったり、おもちゃであったり、絵本であったり…
さらには、マタニティボックス自体が赤ちゃん用のベッド替わりとなるのです。

そんな便利なマタニティボックスですが、実は日本でも「購入」という形で手にすることができます。
それが「フィニッシュベイビーボックス」なのです。

最近では、多くの方がフィニッシュベイビーボックスを購入されています。
有名人の方でも購入する方が増えたため、知名度も上がってきましたね。

2人目以降のお子さんの場合は、お下がりがありますので、フィニッシュベイビーボックスはそこまで必要ではないかもしれません。
しかし、1人目の場合は、服や涎掛けなどの必需品を、すべて買い集めていかなければなりません。
手間もかかりますし、金額的にも辛いものとなります。

フィニッシュベイビーボックスであれば、それらの悩みを解決することができます。
フィニッシュベイビーボックスさえ購入すれば、それだけで準備が終わるのです。
また、値段的に見ても、フィニッシュベイビーボックスに軍配が上がります。

フィニッシュベイビーボックスには、2種類あります。
一つがオリジナルタイプ、もう一つがムーミンタイプです。
ムーミンタイプの場合は、お値段が1万円以上高くなってしまうのですが、ムーミン好きにはたまらないグッズがたくさん入っています!
また、値段が高いぶん、入っているものの質も高くなります。

赤ちゃんが生まれる季節、赤ちゃんの大きさによっても、フィニッシュベイビーボックスの中身は変わります。
オーダーメイドで、その赤ちゃん専用のフィニッシュベイビーボックスを手にすることができるのです!

トップページにて、フィニッシュベイビーボックスについて解説していますので、是非ご覧くださいませ!

子どもに食べさせる食事について