育児をできるだけ楽に!

このエントリーをはてなブックマークに追加 

育児をできるだけ楽に!

育児をできるだけ楽に!

 

育児をできるだけ楽に!

 

産後の疲れた母体にとって、こんなにありがたいことはありません。
夜泣きで何度も起こされるとイライラしたり、睡眠不足になったり、マタニティーブルーになることも。
かわいいはずのわが子を突然憎らしく感じてしまうことがあるとしたら、育児を心の底から楽しむ事はできませんよね。
幼児期になると、どこに行っても聞き訳が良くて、手のかからない子もいれば、反対に、デパートや電車などでも大騒ぎをして親を困らせる子供もいます。
その違いはなんだと思いますか?
正確でしょうか。
それともしつけの仕方?
いいえ、これも栄養によるところが大きいのです。
栄養を十分に摂取した子どもは、落ち着きがあり、元気で活発、そして子どもらしく、かわいく育ちます。
こうなうrと親としても子育てが俄然楽しくなるし、親も子も精神的に安定していますから、理想的な親子の関係を気付くことができるでしょう。
また、学生時代に勉強に一生懸命取り組めるかどうか、部活やスポーツに打ち込めるかどうか。
挫折をしても、きちんと立ち直ることができるかどうか。
心配しても仕方がない…とは思いつつも、気になるのが親の定めと言う物でしょう。
そうしたことも、すべて栄養と深くかかわっています。
体力面はもちろんのこと、集中力や記憶力、失敗にもめげない不屈の精神力というおは、必要な栄養が摂れていてこそ持ち続けることができるのです。
栄養が不足しているせいで何に対しても身が入らない、集中ができないようでは、たった一度きりの子どもの人生を満喫させてあげることができません。

栄養の行き届いた子どもは、自分の人生を思う存分生きることができる。
それをサポートするのが親の役目であり、その役割をになっているのが日々の食事なのです。
子どもに願うのは、病気にならず、けがをせず、毎日を元気にすごしてくれること。
嬉しい時には素直に喜び、悲しい時には涙を流して、綺麗な風景を見ては「ああ綺麗だなぁ」とかんじられるような、そんな健やかな精神を持ってまっすぐに育ってくれることではないでしょうか。
そして、栄養は子供の夢をもはぐむことに繋がります。
子どもが一直線夢を追いかけることができたとしたら、親としてこんなに幸せなことはありませんよね。

 

子どもの健康の基盤は母体

 

育児をできるだけ楽に!

 

子どもの健康の基盤は、母体によって決まります。
妊娠中、もっといえば、妊娠前の母体の栄養状態が大きく関わっています。
母体の栄養を摂り込んで赤ちゃんは大きくなるわけですから、当然と言えば当然のことです。
同じ1人の女性でも、妊娠中に十分な食事ができた一人目の子と、つわりがひどく、何もたべあっれなかった2人目では、生まれてくる子供の健康状態は違う物なのです。
理想的な母体は、つわりがない、むくまない、貧血もなく、仕事をお持ちの方なら出産直前までバリバリと働けるような状態です。
産後にひどいマタニティーブルーもありません。
もちろん、これは栄養状態のいい母体です。
このような場合、胎児は満期におよそ3kg前後で生まれてくることが多いようです。
また、免疫力が十分にあって感染症にかかりにくく、皮膚や粘膜も健康ですからアトピー性皮膚炎やぜんそくになりにくい傾向があります。
情緒も豊かで、コロコロと笑う可愛らしいあかちゃんになるでしょう。

 

お母さんはしっかり栄養をとって!

 

育児をできるだけ楽に!

 

ところが母体の栄養状態が悪いと、赤ちゃんは十分な栄養を蓄えることができません。
低体重児として生まれることもあります。
昔は「小さく産んで、大きく育てる」のが良しとされてきましたが、現代においてこれははっきりと違うと言えます。
低体重児は身体の器官が未発達であることが多く、このときに栄養欠損があると、発育遅延のリスクが考えられます。
また、お母さんからたっぷり栄養をもらってきた場合、その免疫力は少なくとも半年はもちます。
家族中が風邪を引いても、赤ちゃんだけは大丈夫なことがありますが、それは岡〇×何からもらってきた免疫力のおかげです。
でも低体重児の場合は、その免疫力がたった2か月で切れてしまうのです。

 

妊娠を願う人、妊娠中、そして母乳を必要とする産後に至るまで、ぜひ摂ってほしい栄養素の代表格は、体すべてを育むための材料となるたんぱく質、脳神経の発達に影響を及ぼす鉄、皮膚・粘膜の材料になる亜鉛、そして夜泣きを押さえてくれるビタミンB6。
あかちゃんのためにも、母体の為にも、こうした栄養素が必要なのです。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

フィニッシュベイビーボックスで育児を楽に!

皆さんはフィニッシュベイビーボックスをご存知でしょうか?

フィンランドでは、赤ちゃんが生まれた時に、国から赤ちゃんへ贈り物をします。
その贈り物は「お金」と「マタニティボックス」と呼ばれる箱です。
お母さんは、そのどちらかを選んで受け取ることになります。

その際、皆さんであればどちらを選びますか?
実は、フィンランドの女性の多くは、マタニティボックスを選ぶのです。

マタニティボックスには、赤ちゃんが1年間育つのに必要なグッズが揃っています。
例えば、赤ちゃん用の服であったり、涎掛けであったり、おもちゃであったり、絵本であったり…
さらには、マタニティボックス自体が赤ちゃん用のベッド替わりとなるのです。

そんな便利なマタニティボックスですが、実は日本でも「購入」という形で手にすることができます。
それが「フィニッシュベイビーボックス」なのです。

最近では、多くの方がフィニッシュベイビーボックスを購入されています。
有名人の方でも購入する方が増えたため、知名度も上がってきましたね。

2人目以降のお子さんの場合は、お下がりがありますので、フィニッシュベイビーボックスはそこまで必要ではないかもしれません。
しかし、1人目の場合は、服や涎掛けなどの必需品を、すべて買い集めていかなければなりません。
手間もかかりますし、金額的にも辛いものとなります。

フィニッシュベイビーボックスであれば、それらの悩みを解決することができます。
フィニッシュベイビーボックスさえ購入すれば、それだけで準備が終わるのです。
また、値段的に見ても、フィニッシュベイビーボックスに軍配が上がります。

フィニッシュベイビーボックスには、2種類あります。
一つがオリジナルタイプ、もう一つがムーミンタイプです。
ムーミンタイプの場合は、お値段が1万円以上高くなってしまうのですが、ムーミン好きにはたまらないグッズがたくさん入っています!
また、値段が高いぶん、入っているものの質も高くなります。

赤ちゃんが生まれる季節、赤ちゃんの大きさによっても、フィニッシュベイビーボックスの中身は変わります。
オーダーメイドで、その赤ちゃん専用のフィニッシュベイビーボックスを手にすることができるのです!

トップページにて、フィニッシュベイビーボックスについて解説していますので、是非ご覧くださいませ!

育児をできるだけ楽に!