幼児期の悩みについて

このエントリーをはてなブックマークに追加 

幼児期の悩みについて

幼児期の悩みについて

 

幼児期の悩みについて

 

幼児期になると、乳児とは違った悩みが出てきます。
多くの方が心を砕いているのは「身長があまり伸びない」「言葉の発達が遅くて自閉症じゃないか心配」といった発達・発育の問題ではないでしょうか。
成長の最初のピークは幼児期に訪れます。
とくに脳神経の90%は4歳で約3倍。10歳までには成人の95%程度まで完成していますから、この時期に栄養欠損があると、精神発達の遅れや認識力の低下を招きかねません。

 

ただ自閉症の判断と言うのは3歳くらいにならないとできません。
個人差がありますし、単におとなしいだけかもしれない。一つだけ見極めるポイントをあげると、自閉症のお子さんはおおむね「抱きにくい」傾向があるようです。
この場合、早めの対処がおすすめです。

 

幼児期は抵抗力が弱い

 

幼児期の悩みについて

 

また、幼児期に虚弱体質で抵抗力が弱い、アトピー性皮膚炎、ぜんそく、または落ち着きがない、集中力が無いといった状態であり、そのまま改善することなく小学校に入ってしまうと、集団行動がとれない、突然キレる、学習能力がていかするなどといった様々な問題が持ち上がる可能性があります。
昔ではあまり考えられないことですが、小学校での学級崩壊が話題になてちます。
それも年々、低学年化し、今では小学校1年生のクラスでも授業が成立しないことがあるようです。
しかも、昔は不労校の生徒は学校中に1人か2人だったのに、今ではクラスに1人はいる状況…。
では、なぜそんなことが起きるのか。
その理由の一つにはやはり、栄養欠損があると思います。
たとえば、お子さんは好き嫌いが激しく、偏食ではないでしょうか。
あるいはかわいい孫にねだられた祖父母がアイスクリームやチョコレート、ケーキといったお菓子を毎日たべさせてしまうといったケースもあるかもしれません。
こうした習慣は、はっきりいってNG。
子どもの未来のために是非とも止めていただきたいものです。甘い物や炭水化物などの糖質の摂りすぎによって低血糖を引き起こし、成長を妨げてしまうのと同時に、さまざまな症状の原因になるからです。

 

鉄欠乏に気を付けて!

 

幼児期の悩みについて

 

さらに、鉄欠乏は、子どもの精神活動の発達を妨げる栄養欠損の代表格です。
集中力が無い、イライラする、切れやすいといった情動はこれに由来します。
それにもかかわらず、学校ではカウンセリングを受けさせ、それでもどうにもならなければ、精神科や心療内科へ連れて行くということになりかねない。
ただ鉄分が不足しているだけだというのに、です。
経験的観測からですが、幼児期から低学年でイライラしている、集中力が無い、風邪を引きやすい、アトピーだったという子供は不登校になる可能性が高い、いわば「不登校予備軍」です。
というのは、中学校で不登校になった子供に話を聞くと、小学校の頃にそういう状態だった子が圧倒的に多いのです。
中学校に入れば、さらに栄養は消耗しやすくなります。
不登校予備軍を脱却するためにも、この時期からしっかりと栄養を補給しておくことが大切なのです。

 

子どもに来る成長の波

 

幼児期の悩みについて

 

幼児期に訪れる成長のピークを過ぎると、学童期には一度緩慢になりますが、次にやってくるのは、どどーんと大きな成長期です。
女の子なら小学校4・5・6年制の頃、男の子なら中学校から高校にかけて成長の波がやってきます。
筋肉や骨組織、内臓器官、皮下脂肪などの重量が増し、身長や体重も増えるでしょう。
それこそ身長は1年で10〜15cmは伸びますから「骨がミシミシいう」というのもあながり嘘じゃなく、「朝起きると身長が1cmも伸びていた!なんてことも本当によくあるのです。
しかも、中学生になると勉強が一気に難しくなります。
授業時間も科目も増えて、テストもまた多くなる。
それに部活も始まりますから、運動量はこれまでとは比べ物にならないほど増えるでしょう。
となれば成長期には、成長文と活動分の両方をまかなうほど大量の栄養量が必要になります。
逆に言えば、栄養欠損におちいりやすくなるのもまた成長期なのです。
栄養が足りないと、成長面ではかかとやくるぶしに痛みを感じたり、歩けなくなるほどの成長痛になることもあります。
また、正確が変わったように凶暴になる、いつもイライラしている、集中力が落ちて成績が下がった、朝になると頭痛や腹痛をうったえ、学校を休みがちになる…先述したように、中学生になると一気に不登校が増えるのも栄養不足が一つの原因であることは間違いありません。
それに、成長期にはストレスも多くなります。
勉強やスポーツによるストレスはもちろん、友人や先輩、後輩などと言ったさまざまな人間関係のストレスも多くなります。
栄養というのはストレスを受けるとどんどん消耗してしまうものですから、成長期はいかに栄養の消費が激しいかと言うことが分かりますね。
しかし、一定のストレスは、子どもを成長させるために必要なスパイスです。
親としては、そのストレスに耐えうるような精神や体をつくための栄養素をどれだけ摂らせてあげられるかが重要になってきます。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

フィニッシュベイビーボックスで育児を楽に!

皆さんはフィニッシュベイビーボックスをご存知でしょうか?

フィンランドでは、赤ちゃんが生まれた時に、国から赤ちゃんへ贈り物をします。
その贈り物は「お金」と「マタニティボックス」と呼ばれる箱です。
お母さんは、そのどちらかを選んで受け取ることになります。

その際、皆さんであればどちらを選びますか?
実は、フィンランドの女性の多くは、マタニティボックスを選ぶのです。

マタニティボックスには、赤ちゃんが1年間育つのに必要なグッズが揃っています。
例えば、赤ちゃん用の服であったり、涎掛けであったり、おもちゃであったり、絵本であったり…
さらには、マタニティボックス自体が赤ちゃん用のベッド替わりとなるのです。

そんな便利なマタニティボックスですが、実は日本でも「購入」という形で手にすることができます。
それが「フィニッシュベイビーボックス」なのです。

最近では、多くの方がフィニッシュベイビーボックスを購入されています。
有名人の方でも購入する方が増えたため、知名度も上がってきましたね。

2人目以降のお子さんの場合は、お下がりがありますので、フィニッシュベイビーボックスはそこまで必要ではないかもしれません。
しかし、1人目の場合は、服や涎掛けなどの必需品を、すべて買い集めていかなければなりません。
手間もかかりますし、金額的にも辛いものとなります。

フィニッシュベイビーボックスであれば、それらの悩みを解決することができます。
フィニッシュベイビーボックスさえ購入すれば、それだけで準備が終わるのです。
また、値段的に見ても、フィニッシュベイビーボックスに軍配が上がります。

フィニッシュベイビーボックスには、2種類あります。
一つがオリジナルタイプ、もう一つがムーミンタイプです。
ムーミンタイプの場合は、お値段が1万円以上高くなってしまうのですが、ムーミン好きにはたまらないグッズがたくさん入っています!
また、値段が高いぶん、入っているものの質も高くなります。

赤ちゃんが生まれる季節、赤ちゃんの大きさによっても、フィニッシュベイビーボックスの中身は変わります。
オーダーメイドで、その赤ちゃん専用のフィニッシュベイビーボックスを手にすることができるのです!

トップページにて、フィニッシュベイビーボックスについて解説していますので、是非ご覧くださいませ!

幼児期の悩みについて