女の子ならではの不安

このエントリーをはてなブックマークに追加 

女の子ならではの不安

女の子ならではの不安

 

女の子ならではの不安

 

女のお子さんをお持ちの方なら、一つ心配なことがあります。
それは「ダイエット」です。
最近では、小学校のころからダイエットに興味を持ち始めると言います。
痩せる=綺麗になると勘違いをし、無理なダイエットに取り組んでしまうことも。
極端に食べる量がすくなくなり、お腹がすいたらチョコレートやアイスクリームを食べるだけ。
ときには何も食べないという子もいるのです。
間違ったダイエットは確実に成長をむしばむことになります。
初域には、タンパク質やカルシウム、鉄分など、さまざまな栄養が不可欠なのに、こんな食事をしていては、栄養はみるみると減るばかり。
体重は確かに落ちるかもしれませんが、綺麗になるどころか顔色は悪くなり、肌はボロボロ。疲れやすくなるだけでなく、女性ホルモンや内臓にも影響を及ぼします。
最悪の場合に摂食障害にもなりかねません。
成長期におけるダイエットには非常に注意が必要です。

 

子どもにっとって成長期とは、人生の輝かしい青春の時でもあります。
いろいろなことを経験し、たくさんのことを吸収できる大切な時間を、栄養不足で無駄にしていいはずはないのです!

 

栄養は本当に大事!

 

女の子ならではの不安

 

みなさんのお子さんはいくつでしょうか?
まだまだ新生児でしょうか。
幼児期か、それとも青春真っただ中の成長期?
これまでの自分の子育てを振り返ってみて「子供にっ地理の食事を食べさせていた!」と胸を張れる人はどれくらいいるでしょうか。
おそらく大抵の方は「だからうちの子は落ち着きがなかったのか」と納得したり「今までの食生活はいけなかった!」「わが子は今後大丈夫だろうか?」と不安になったのではないでしょうか。
でも、大丈夫。これからだって十分に間に合います。

 

さまざまな症状や病気で悩んでいる方は「栄養で?」と、やっぱり疑問に思う部分があるかもしれません。
でも「たかが栄養 されど栄養」です。
薬のように、子どもの身体に害になることはありませんから気軽に挑戦してみてはいかがでしょうか。
栄養が細胞に届くのには時間がかかります。
そのため、薬のような即効性はあまり期待できない場合がほとんどです。
でも子供の場合は、栄養障害の年数が短いためか、それよも若くて新陳代謝がいいからか、大人よりは反応が早いようです。いずれにせよ栄養を改善すれば子供は変わる。それは確かです。
大切なのは焦らず、ゆっくり、長続きさせること。
活きている限り細胞は日々生まれ変わりますから、ここまででいい、ということはないのです。
無理なく、長く続けるために、親であるあなたも子供と一緒に栄養セラピーを実践してみるのもいいかもしれません。
そうすれば子供はきっと、明るい未来を掴むための力を自分自身で手に入れるはずです。

 

血糖値に気を付けて!

 

女の子ならではの不安

 

子どもは炭水化物が大好きです。
成長期であればすぐにお腹がすくので、身近で手軽な菓子パンやおにぎりなどについ手が伸びます。

 

忙しいお母さんにも便利なものですから、子どもの朝食やおやつに、買い置きしている方も多いのではないでしょうか。
でも、こうした習慣は非常に危険です。
なぜなら、子どもにはさまざまな症状や病気をもたらす「低血糖症」を引き起こしかねないからです。
低血糖症とは単に血糖値が低くなるという症状ではなく、血統調節以上のこと。つまり、血糖値が安定した状態を維持できなくなることを指します。
そもそも食事をするおt誰しも血糖値は上がり、そしてゆっくりと下がります。
食後3〜4時間後には空腹時の血糖値に戻るといった、緩やかなスピードでの変化が理想的です。
血糖値が安定していると脳に十分なブドウ糖が安定供給され、やる気や集中力を維持できる状態にあるといえます。

 

ところが、血糖値が急激に上げると、それを下げるためにインスリンが大量に分泌され、血糖値が急激に下がります。
緩やかに上がれば、緩やかに下がるのですが、血糖値が急激に上がると、体が反応して急いで下げようとするのです。
この血糖値の乱高下を何度も繰り返していると、その変動に伴って自律神経が乱れて、次第に主体恒常化の乱れが生じます。
結果として原因不明の頭痛やめまい、イライラや無気力と言った精神的不安定、酷い時には鬱病やパニック障害を引き起こすことにもなりかねないのです。
もし、お子さんにそういう症状がみられるなら、低血糖症である可能性を疑った方が良いと思います。

 

では、血糖値を急激に上げるものとは何か。それはずばり「糖質」です。
ケーキやチョコレート、アイスクリームといった甘いものはもちろんですが、普段、主食として食べることの多い、真っ白なごはんや食パン、うどんなど、精製度が高く「白い」炭水化物にも糖質が多く含まれているのです。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

フィニッシュベイビーボックスで育児を楽に!

皆さんはフィニッシュベイビーボックスをご存知でしょうか?

フィンランドでは、赤ちゃんが生まれた時に、国から赤ちゃんへ贈り物をします。
その贈り物は「お金」と「マタニティボックス」と呼ばれる箱です。
お母さんは、そのどちらかを選んで受け取ることになります。

その際、皆さんであればどちらを選びますか?
実は、フィンランドの女性の多くは、マタニティボックスを選ぶのです。

マタニティボックスには、赤ちゃんが1年間育つのに必要なグッズが揃っています。
例えば、赤ちゃん用の服であったり、涎掛けであったり、おもちゃであったり、絵本であったり…
さらには、マタニティボックス自体が赤ちゃん用のベッド替わりとなるのです。

そんな便利なマタニティボックスですが、実は日本でも「購入」という形で手にすることができます。
それが「フィニッシュベイビーボックス」なのです。

最近では、多くの方がフィニッシュベイビーボックスを購入されています。
有名人の方でも購入する方が増えたため、知名度も上がってきましたね。

2人目以降のお子さんの場合は、お下がりがありますので、フィニッシュベイビーボックスはそこまで必要ではないかもしれません。
しかし、1人目の場合は、服や涎掛けなどの必需品を、すべて買い集めていかなければなりません。
手間もかかりますし、金額的にも辛いものとなります。

フィニッシュベイビーボックスであれば、それらの悩みを解決することができます。
フィニッシュベイビーボックスさえ購入すれば、それだけで準備が終わるのです。
また、値段的に見ても、フィニッシュベイビーボックスに軍配が上がります。

フィニッシュベイビーボックスには、2種類あります。
一つがオリジナルタイプ、もう一つがムーミンタイプです。
ムーミンタイプの場合は、お値段が1万円以上高くなってしまうのですが、ムーミン好きにはたまらないグッズがたくさん入っています!
また、値段が高いぶん、入っているものの質も高くなります。

赤ちゃんが生まれる季節、赤ちゃんの大きさによっても、フィニッシュベイビーボックスの中身は変わります。
オーダーメイドで、その赤ちゃん専用のフィニッシュベイビーボックスを手にすることができるのです!

トップページにて、フィニッシュベイビーボックスについて解説していますので、是非ご覧くださいませ!

女の子ならではの不安