子どもの早期の発達について

このエントリーをはてなブックマークに追加 

子どもの早期の発達について

子どもの早期の発達について

 

子どもの早期の発達について

 

子どもの早期の発達に関しては、養育者側の錯覚が色々な意味でプラスに働く可能性があると言えるわけですが、こうした錯覚がその後もずっと一貫して機能し続けるかと言うと、それが必ずしもそうではないようです。
というのは、先にも述べたように、養育者の錯覚のもとで現に子供が実態としての心、そして他ならぬ子供自身の自己を着実に発達させるからにほかなりません。
それらが明確に子どもの中に成り立ち始めると、今度は養育者は自信が思い描いた子供の心に対して「想像上の対話」をするばかりでなく、現に子供が感じたり想ったり欲したりすることに対して「現実の対話」をしていく必要が生じるのです。
それは、養育者が錯覚から徐々に脱し、子どもの中に実際に萌芽しつつある事故や個性をしっかりと受け容れ、それらと直に向き合うことと言い換えうるものかもしれません。

 

しかし、時にこうした錯覚から脱錯覚へと至るプロセスがなかなかうまく侵攻せずに、養育者の錯覚優位の状況が長く続くようなケースもあるようです。
そして、こうしたケースでは、早期段階では多くプラスに働いていたはずの錯覚が今度はマイナスの作用を少なからず持ち始めるのです。
そうした意味で、養育者の錯覚は、子どもの発達の進行によって正負の意味を転じるまさに両刃の剣と呼びうるものと言えるのかもしれません。

 

思い込みで育てない!

 

子どもの早期の発達について

 

例えば、子どもが気質的にとてもおとなしく、あまり刺激的な環境を粉まないような特徴を徐々に表し始めているにも変わらず、養育者の側が「この子は自分と似てとても活発で目新しい物が大好きなはずだから」という強力な思い込みのもと、子どもを始終あちこち外に連れまわしてばかりいては、子どものほうはおっかなびっくりの連続で、それを大きなストレスとして抱え込んでしまうかもしれません。
そして、結果として幼い子供は、現に、発疹や喘息なども含めた小児心身症やひどい夜泣きや自傷といったさまざまな問題行動を呈してしまうような場合もあるようです。
もし、こうした徴候が少しでも見え始めてきたとしたら、これは子どもが発してきているまさに危険信号であるわけですので、当然のことながら、養育者は素早く、それまでの子どもに対する見方や働きかけ方を見直し、子どもの心の実態に合わせた関係の修復を図らなくてはならないと言えるでしょう。

 

上で述べたようなケースは、比較的早い段階に子ども側から危険信号が発せられる、かなりわかりやすいかたちの脱錯覚の失敗と言えるのですが、脱錯覚の失敗の中には、乳幼児段階では、全くと言っていいほど、その悪しき徴候が認められない場合もあるようです。
そして、それはとても見えにくい物であるがゆえに、また、幼児期あるいは児童期くらいに限って言えば、むしろ良好な発達を示すものと勘違いされてしまうようなことも少なくはないため、特に注意が必要だといえるかもしれません。

 

思い込みは子どもの成長を阻害する

 

子どもの早期の発達について

 

統合失調症をはじめ、さまざまな心の病の発生を親子関係や家族関係の立場から理論化した著名な精神医学者にレインという人がいるのですが、彼はその著書「自己と他者」の中でこうしたケースの危険性に対して警鐘を鳴らしています。
かれは学校が終わって肛門から出てきた小さな子供を、待っていた母親が出迎えるというシーンを例にとって、4つの母子関係のパターンを描き、そのうちのどれが、子どもの心の発達と言う点から見てもっとも危険であるかを読者に問いかけています。
4つのうちの一つは、母子両社が一目散に駆け寄りほほえましく抱き着くという関係性で、後の3sつは子どもが母親にあまり近づきたくない素振りを見せている関係性になっています。
そして、その3つともで母親は「あなたは私のことが好きではないの」と子どもに対して機器、子どもの方は「うん」と答えるわけですが、そのうち一つでは母親が「そうなの、わかったわ、とにかく帰りましょう」と言って帰ることになります。
もう一つは母親がそれにとても腹を立ててしまい、「生意気言うんじゃない」と言って子どもをぶってしまいます。
そして、もう一つは、母親が「あなたはお母さんのことが大好きなはずよね。お母さんはわかっているわ」と言って、きつく抱きしめ、何事もなかったかのように変えるというものになっています。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

フィニッシュベイビーボックスで育児を楽に!

皆さんはフィニッシュベイビーボックスをご存知でしょうか?

フィンランドでは、赤ちゃんが生まれた時に、国から赤ちゃんへ贈り物をします。
その贈り物は「お金」と「マタニティボックス」と呼ばれる箱です。
お母さんは、そのどちらかを選んで受け取ることになります。

その際、皆さんであればどちらを選びますか?
実は、フィンランドの女性の多くは、マタニティボックスを選ぶのです。

マタニティボックスには、赤ちゃんが1年間育つのに必要なグッズが揃っています。
例えば、赤ちゃん用の服であったり、涎掛けであったり、おもちゃであったり、絵本であったり…
さらには、マタニティボックス自体が赤ちゃん用のベッド替わりとなるのです。

そんな便利なマタニティボックスですが、実は日本でも「購入」という形で手にすることができます。
それが「フィニッシュベイビーボックス」なのです。

最近では、多くの方がフィニッシュベイビーボックスを購入されています。
有名人の方でも購入する方が増えたため、知名度も上がってきましたね。

2人目以降のお子さんの場合は、お下がりがありますので、フィニッシュベイビーボックスはそこまで必要ではないかもしれません。
しかし、1人目の場合は、服や涎掛けなどの必需品を、すべて買い集めていかなければなりません。
手間もかかりますし、金額的にも辛いものとなります。

フィニッシュベイビーボックスであれば、それらの悩みを解決することができます。
フィニッシュベイビーボックスさえ購入すれば、それだけで準備が終わるのです。
また、値段的に見ても、フィニッシュベイビーボックスに軍配が上がります。

フィニッシュベイビーボックスには、2種類あります。
一つがオリジナルタイプ、もう一つがムーミンタイプです。
ムーミンタイプの場合は、お値段が1万円以上高くなってしまうのですが、ムーミン好きにはたまらないグッズがたくさん入っています!
また、値段が高いぶん、入っているものの質も高くなります。

赤ちゃんが生まれる季節、赤ちゃんの大きさによっても、フィニッシュベイビーボックスの中身は変わります。
オーダーメイドで、その赤ちゃん専用のフィニッシュベイビーボックスを手にすることができるのです!

トップページにて、フィニッシュベイビーボックスについて解説していますので、是非ご覧くださいませ!

子どもの早期の発達について