想像上の赤ちゃん

このエントリーをはてなブックマークに追加 

想像上の赤ちゃん

想像上の赤ちゃんとは

 

想像上の赤ちゃん

 

母親が腹中の胎児に対して想像裏に作り上げるイメージは、出産後の現実的な母子相互作用にも、かなり長期的な影響を及ぼし得ることがしられています。
例えば、ある一群の研究によると、妊娠後期の段階で、子どもの母親に、自らの想像上の赤ちゃんについての気質の評定を求めたところ、それが、出産後の現実のわが子についての気質評定と有意な連関を示したといいます。
また、妊娠期に、母親に想像上で気難しいと知覚された子どもは、生後半年段階における食事場面での応答性が乏しかったというよな報告もあります。
さらに、最近では、母親に対するインタビューを投資て、より精細に「想像上の赤ちゃん」の特質を捉えようとする研究が増えてきているようです。
それによれば、この「想像上の赤ちゃん」は、出産後にかけても母親の中である程度、高い持続性を保ち、なおかつ、子どものアタッチメント上の個人差をかなり長期的に予測するのだそうです。
これらの知見は、妊娠期に母親が作り上げる想像上の赤ちゃんが単なるファンタジーということにとどまらず、出産後のこどもの硬度のや特徴の解釈をかなり一貫したかたりで方向づけると同時に、現実の子どもの種々のはたっつが、多少なりとも、その影響下に置いて実際に進行していくという可能性を示唆しています。

 

こうした、妊娠期における母親の想像上の赤ちゃんや心理的特質に現れる個人差は、親自身の日養育経験や生育過程における様々な経験、および現在の夫婦関係や経済状態なども含めたストレスやサポートといった社会文脈的要因、さらには妊娠の状態や病気といった身体的健康などによって複雑に規定されるものと考えられます。
また、その妊娠がもともとどれだけ計画されたものであったのか否か、あるいはどれだけ望んだものであったのか否かといったことによっても、当然大きな影響を被ることが想定されます。

 

いずれにしても、妊娠期は、元来、心身両面において不安定になりがちな時期と言えるでしょう。
家族はもとより、周囲からの物心両面にわたる支えによって心身の安定が維持されるとき、親は想像上の子どもをより豊かにしまた一貫した形で思い描き、木たるべき現実の子どもとの相互作用に向けて好発進することが可能となるものと考えられます。

 

本当に想像上の赤ちゃんと関係があるの?

 

想像上の赤ちゃん

 

人の赤ちゃんは、胎児期にすでにいろいろなステップを踏んできているとはいえ、生物学的には際立って未熟な状態で生まれてきます。
たしかに、自分の力で体移動することはもちろん、自分の手で母親の乳房を口に持っていくことも、自分の身体を震わせて体温を維持することもままならず、声明を保持していくという点からすれば、これほど室y久那存在はないと言っても過言ではないのかもしれません。
こうした絶対的な無力さから、かつては人間の乳児がその知的能力に関してもきわめて低いレベルで生まれてくると考えられていました。
まだ、ものを知覚したり、理解したりする力が絶対的に欠落しているため、赤ちゃんが最初に出会う世界は、赤ちゃんにとって、それこそ無秩序でごちゃごちゃとした混沌以外のなにものでもないだろうとみなされていたのです。

 

また、これに関して、赤ちゃんの絶対的な受け身性も暗黙裏に当然視されてきたと言えるかもしれません。
あかちゃんは世界に対して自ら能動的に働きかけることはなく、たいがいは周りの大人からの働き掛けにただ受動的に応じるだけの存在であると捉えられてきたのです。

 

もっとも、この無力で受け身的な赤ちゃんと言うのは、大人の側からすれば、それこそ、自分の育て方いかんでいかようにでもなる多大な可能性を秘めた、それこそ手のかけがいのある存在とみなされてきたと言えるかもしれません。
そして、実は、そこにもう一つの赤ちゃん観が潜んでいたと言えるのです。
赤ちゃんは、まだ何も刻まれていない石版、あるいは何も書きこまれていない白紙になぞらえられるものだったのです。
これは、言い換えれば、すべての赤ちゃんが、この世に生を受けた時点ではみんな同じで、一人一人の個性をまだ有していない存在と考えられていたということを意味します。

 

赤ちゃんは実は頭がいい!

 

想像上の赤ちゃん

 

しかし、ここ30年くらいの間に、無力で受動的な無個性な赤ちゃんと言う見方は次第に影を潜め、むしろ赤ちゃんにはその対極の性質が仮定されるようになってきています。
つまり、いまや、人間の赤ちゃんは、最早期段階からすでに、知的にかなり有能で、かつ物理的および社会的環境に対して自発的に働きかけ、そしてそれぞれ豊かな個性を持って、自分自身の発達を先導する存在であるととらえられるようになってきているのです。
それは、以下で述べるような赤ちゃんの心の内実が少しずつ暴かれ、その様々な潜在的能力と環境に対する能動性の高さとが明るみになってきているからにほかなりません。
また、1970年代以降くらいから、気質という考え方が発達心理学の中に急速に浸透し、初期段階での人値人値の違いがその後の生涯発達に有する意味の大きさが見直されてきているということも大きな要因となっています。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

フィニッシュベイビーボックスで育児を楽に!

皆さんはフィニッシュベイビーボックスをご存知でしょうか?

フィンランドでは、赤ちゃんが生まれた時に、国から赤ちゃんへ贈り物をします。
その贈り物は「お金」と「マタニティボックス」と呼ばれる箱です。
お母さんは、そのどちらかを選んで受け取ることになります。

その際、皆さんであればどちらを選びますか?
実は、フィンランドの女性の多くは、マタニティボックスを選ぶのです。

マタニティボックスには、赤ちゃんが1年間育つのに必要なグッズが揃っています。
例えば、赤ちゃん用の服であったり、涎掛けであったり、おもちゃであったり、絵本であったり…
さらには、マタニティボックス自体が赤ちゃん用のベッド替わりとなるのです。

そんな便利なマタニティボックスですが、実は日本でも「購入」という形で手にすることができます。
それが「フィニッシュベイビーボックス」なのです。

最近では、多くの方がフィニッシュベイビーボックスを購入されています。
有名人の方でも購入する方が増えたため、知名度も上がってきましたね。

2人目以降のお子さんの場合は、お下がりがありますので、フィニッシュベイビーボックスはそこまで必要ではないかもしれません。
しかし、1人目の場合は、服や涎掛けなどの必需品を、すべて買い集めていかなければなりません。
手間もかかりますし、金額的にも辛いものとなります。

フィニッシュベイビーボックスであれば、それらの悩みを解決することができます。
フィニッシュベイビーボックスさえ購入すれば、それだけで準備が終わるのです。
また、値段的に見ても、フィニッシュベイビーボックスに軍配が上がります。

フィニッシュベイビーボックスには、2種類あります。
一つがオリジナルタイプ、もう一つがムーミンタイプです。
ムーミンタイプの場合は、お値段が1万円以上高くなってしまうのですが、ムーミン好きにはたまらないグッズがたくさん入っています!
また、値段が高いぶん、入っているものの質も高くなります。

赤ちゃんが生まれる季節、赤ちゃんの大きさによっても、フィニッシュベイビーボックスの中身は変わります。
オーダーメイドで、その赤ちゃん専用のフィニッシュベイビーボックスを手にすることができるのです!

トップページにて、フィニッシュベイビーボックスについて解説していますので、是非ご覧くださいませ!

想像上の赤ちゃん