子どもが感じる保育園でのストレス

このエントリーをはてなブックマークに追加 

子どもが感じる保育園でのストレス

お父さんにやつあたり!

 

子どもが感じる保育園でのストレス

 

「子どもに突然嫌われた!」
そんなとき、あなたはどうしますか?

 

実は、これはよくあることなのです。
例えば、お父さんは仕事で日中なかなか家におらず、子どもにはずっとお母さんが付いている場合。
そういったとき、突然子どもはお父さんにやつあたりを始めるのです。

 

その原因は「お母さんにもっと構ってもらいたいから」という気持ちです。
子どもは、いっぱい甘えさせてくれるお母さんが大好きなのです。
お父さんはなかなか家にいないため、どうしても子どもにとっては、序列がお母さん>お父さんとなてしまいます。

 

 

お父さんが食事を与えようとしても、食べてくれません。
お父さんがお風呂に入れようとしても、嫌がってしまいます。
最終的には起こり始め、日頃のストレスを発散するかのように、お父さんに八つ当たりを始めるのです。

 

しかし、これは一時的なことです。
例え一時的なことでも辛いと思うかもしれませんが…そこは我慢!
いずれ、分かってくれるときはきます。

 

また、お父さんも休みの日は子どもと目いっぱい遊んであげましょう!
ストレス発散の相手を「お父さん」ではなく「遊び」にしてあげるのです。
そうすることで、お父さんが嫌われることも、また、お父さんにやつあたりすることも少なくなるでしょう。

 

子どもははっきりいえないこともある

 

子どもが感じる保育園でのストレス

 

子どもはたまに、聞こえているはずなのに聞こえていないふりをすることがあります。
それは何故でしょうか?

 

子どもは、その話を聞きたくない、ということは簡単に想像がつきますね。
そこで「なんで話を聞かないの!」と怒る…それは正しいでしょうか?

 

結論から言えば、あまりよくはありません。
「話を聞いているのに、聞いていないふりをする」のは、その子なりに何か考えがあるからです。
まずはその考えをしっかりとくみ取ってあげましょう。

 

親は怒ってはいけません。「叱る」のです。
いけないことをしても、感情のままにぶつけるのは教育ではありません。

 

子どもははっきりといえないことも多々あるのです。
子どもの仕草、動作から、その子の感情をしっかりと読み取ってあげましょう。

 

子どもの喘息

 

子どもが感じる保育園でのストレス

 

子どもの喘息、通称小児喘息。
小児喘息に悩まされている子は少なくありません。

 

その原因は何かご存知ですか?

 

喘息の原因は、両親から受け継いだ「体質」や「遺伝」と、外的要因である環境因子と言われています。
両親から受け継いだものは仕方がありませんよね。どうにもなりません。

 

では、外的要因はどうでしょうか?
実は、小児喘息の原因の一つとして「受動喫煙」があると言われています。
受動喫煙によって子どもの身体に異常が起き、喘息の引き金となってしまうのです。

 

子どもが喘息となった時、まずは親の喫煙状況を確認してみましょう。
子どもの近くでタバコを吸ってはいませんか?

 

子どもができたら、できれば禁煙をしたいものですね。

 

子どものキーキー声

 

子どもが感じる保育園でのストレス

 

子どもの中には「キーキー声」という金切声のような声を突然出す子もいます。
周りからしたら「うるさいなぁ…。」「はやく止めさせろよ…。」と思っても仕方がないですね。
実は、こうした近所トラブルも実際に起こっているのです。

 

では、なぜキーキー声を出してしまうのでしょうか。
その大きな原因は「寂しさ」です。
簡単に言えば、お母さんにもっともっと構ってもらいたいのです。

 

「こんな声を出したら構ってもらえる」
「キーキー言ったらみんな注目してもらえる」

 

そういった思いから、子どもはキーキー声を出すのです。

 

子どもとの接し方を今一度確かめてみましょう。
子どもにさみしい思いをさせていませんか?
子どもと一緒にたくさん遊んであげていますか?

 

育児は本当に大変なことです。
お母さんには「自由な時間」が無くなってしまいます。
しかし、そこでお母さんが音を上げてしまったら、子どももかわいそう。
いっぱいいっぱい構ってあげましょう。

 

今では育児支援用のグッズもたくさん出ています。
家事を楽にするグッズもたくさんあります。

 

まずは、そういった「便利グッズ」を使って日頃の労働を楽にするところから始めてみましょう。
お母さんに余裕が生まれると、子どもにも余裕ができてきます。
さらに子どもとたくさん一緒にいれますし、子どもも安心してくれます。

 

是非、子どもとの接し方、また、日頃の労働の効率化について考えてみてください。

 

褒めることで子どもは成長する!

 

子どもが感じる保育園でのストレス

 

子どもは褒めることで成長します。

 

例えば、お手伝いをしてくれたとき。
洗濯物を初めて一緒にたたんだとしましょう。

 

一からすべて、お母さんは子どもに教えてあげますよね。
そして、次からは一人でやらせてみる。
そこでできたら、オーバー気味に褒めてあげましょう。

 

「〜ちゃんすごい!やったね!」

 

一人でできることをちょっとオーバー気味に褒めてあげると、子どもも「よし!もっと褒められるぞ!」とやる気を出して次もやってくれます。
そういったことの繰り返しによって、子どもは独り立ちを始めるのです。

 

褒められて嫌な子はいません。
ちょっと恥ずかしがる子もいますが、それでも心の底では嬉しいのです。

 

是非、どんどん褒めてあげてください。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

フィニッシュベイビーボックスで育児を楽に!

皆さんはフィニッシュベイビーボックスをご存知でしょうか?

フィンランドでは、赤ちゃんが生まれた時に、国から赤ちゃんへ贈り物をします。
その贈り物は「お金」と「マタニティボックス」と呼ばれる箱です。
お母さんは、そのどちらかを選んで受け取ることになります。

その際、皆さんであればどちらを選びますか?
実は、フィンランドの女性の多くは、マタニティボックスを選ぶのです。

マタニティボックスには、赤ちゃんが1年間育つのに必要なグッズが揃っています。
例えば、赤ちゃん用の服であったり、涎掛けであったり、おもちゃであったり、絵本であったり…
さらには、マタニティボックス自体が赤ちゃん用のベッド替わりとなるのです。

そんな便利なマタニティボックスですが、実は日本でも「購入」という形で手にすることができます。
それが「フィニッシュベイビーボックス」なのです。

最近では、多くの方がフィニッシュベイビーボックスを購入されています。
有名人の方でも購入する方が増えたため、知名度も上がってきましたね。

2人目以降のお子さんの場合は、お下がりがありますので、フィニッシュベイビーボックスはそこまで必要ではないかもしれません。
しかし、1人目の場合は、服や涎掛けなどの必需品を、すべて買い集めていかなければなりません。
手間もかかりますし、金額的にも辛いものとなります。

フィニッシュベイビーボックスであれば、それらの悩みを解決することができます。
フィニッシュベイビーボックスさえ購入すれば、それだけで準備が終わるのです。
また、値段的に見ても、フィニッシュベイビーボックスに軍配が上がります。

フィニッシュベイビーボックスには、2種類あります。
一つがオリジナルタイプ、もう一つがムーミンタイプです。
ムーミンタイプの場合は、お値段が1万円以上高くなってしまうのですが、ムーミン好きにはたまらないグッズがたくさん入っています!
また、値段が高いぶん、入っているものの質も高くなります。

赤ちゃんが生まれる季節、赤ちゃんの大きさによっても、フィニッシュベイビーボックスの中身は変わります。
オーダーメイドで、その赤ちゃん専用のフィニッシュベイビーボックスを手にすることができるのです!

トップページにて、フィニッシュベイビーボックスについて解説していますので、是非ご覧くださいませ!

子どもが感じる保育園でのストレス