子どもの睡眠

このエントリーをはてなブックマークに追加 

子どもの睡眠は大切!

子どもの睡眠は大切!

 

子どもの睡眠は大切!

 

子どもの睡眠は、すくすくと成長するためには必須といえます。

 

最近では、ゲームによって寝る時間が少なくなっている子もいるそうですが…それはいけません。
正しい成長を阻害され、様々な場面でその影響は出てくることでしょう。
また、夜更かしすることによって、次の日の朝にパッと起きることができません。
寝不足になると、ストレスも溜まってしまい、他人に強くあたってしまうこともあります。

 

昔は、ゲームやテレビなどはありませんでした。
学校が終わって、近くの公園に行って皆でワイワイあそび、かえってご飯を食べてお風呂に入って寝る。
この流れでした。

 

しかし、今ではゲームやテレビがあります。
しかも、一人一台。だれかと取り合いすることなく占有できるのです。
そのため、いつ終わるかも自分で決めることができてしまいます。

 

もちろん、ゲームやテレビが悪いわけではありません。
そういったことを規制しなければいけない親がなにもしていないのが悪いといえるでしょう。

 

寝不足は、成長に関してもデメリットだらけですが、学習に関しても悪いといえます。
いっぱい寝たこと寝不足の子。どちらが成績がいいかと言われれば、「いっぱい寝た子」でしょう。
勉強にしっかり集中することができます。その結果、成績も上がるのです。

 

子どもが夜更かしをしている場合は、その習慣をやめさせてあげましょう。
そのまま続けさせることは、その子にとってマイナスでしかありません。
それを制御できるだけの力が、その子にはまだないのです。
ここは保護者として、私たち親が責任を持ちましょう。

 

子どものゲームについて

 

子どもの睡眠は大切!

 

最近では、ゲームが非常に身近になっていますね。
スマホゲームはもちろんのこと、DSなどのポータブルゲームも普及し、いつでもゲームができる状態になっています。

 

しかし、子どもにとってゲームはあまり良くないことだといえます。
もちろん「全くやっちゃダメ!」とは言いません。
ゲームによってコミュニティが生まれ、その中でコミュニケーションスキルを発達させる、なんてこともあります。

 

しかし、ダメなのは「やりすぎ」です。
ゲームをやっていると、楽しくて時間をわすれてゲームをしてしまいます。
先ほども書きましたが、ゲームによって夜更かしをしている子どもが増えています。
夜にゲームをやることは、ゲームのやり過ぎによって寝不足になるのはもちろんのこと、ブルーライトによって睡眠の質も下がってしまうと言われています。

 

その規制をするのは親の役目です。

 

子どもが食べるおやつ

 

子どもの睡眠は大切!

 

子どもにおやつをあげること。これ自体は悪いことではありません。
しかし「食べ過ぎてしまうこと」「いつでも食べることのできる状態であること」はよくありません。

 

例えば、3時のおやつで食べ過ぎてしまうと、夜ご飯をしっかり食べることができません。
夜ご飯をしっかり食べないと、夜になってお腹がすいてきます。
そこでお菓子を食べ、眠くなったから寝る…そして次の日。
朝はまだお腹がすいておらず、朝ごはんも少なくなる…
といった悪循環に陥ってしまいます。

 

「ここにおやつが置いてあるからね」と、子どもがいつでもお菓子を食べることができる状態にするのはやめましょう。
そのこのためになりません。

 

必ず、お菓子を食べるときは「お母さんに言う」などの条件を付けるようにしましょう。
そして、その規制はお母さんがしてあげるようにしましょう。

 

子どもは欲求に忠実です。おなかがすいたら食べてしまいます。
その制御をしっかりと、親がしてあげるようにしましょう。

 

子どもがかかる舌小帯

 

子どもの睡眠は大切!

 

舌小帯というものをご存知でしょうか。

 

子どもの舌の根元付近に、ちょっとしたひも状の線がある。そういったものです。
これによって「うまくしゃべれない」「ミルクや母乳が飲みにくい」といったことが言われていたこともあるのですが、現在ではそういったことは言われてません。
ちょっと前までは手術で無理やり矯正していたのですが、最近では手術もしなくなりました。

 

100点をとらなくてもいい

 

子どもの睡眠は大切!

 

子どもの中には「いい子」を演じようとする子もいます。
そういった子は、大きなストレスを抱えているのです。

 

例えば、家にいるときは泣きわめくのに、保育園に行くと、誰に聞いても「いい子」と言われる…そんな子もいます。
それは、その子が保育園で頑張って「いい子」を演じているのです。

 

そんなときは、こう言ってあげましょう。
「100点を取らなくてもいい。60点くらいでいいんだよ。」と。

 

完璧である必要なんて全くありません。
そのこらしい方が、子どもとしては正解なのです。

 

無理に背伸びをしようとする子もいます。
そういった子には、無理なストレスがかからないよう、親がある程度ガス抜きをしてあげましょう。

 

子どもが出す寂しさのサイン

 

子どもの睡眠は大切!

 

子どもは、弟や妹が産まれると寂しさを感じてしまいます。
これまでその子につきっきりだったお母さんが、赤ちゃんへ愛情を注いでいるのです。
寂しく感じてしまうのも仕方がありません。

 

実際に、弟や妹が産まれることによって「赤ちゃん返り」をしてしまう子もいます。
また、自分で自分を叩いてしまう「自傷行為」に及んでしまう子もいるのです。

 

では、そうならないためにはどうすればいいのでしょうか?

 

そのこに「役割」を与えてあげるのです。
例えば、おむつ替え。

 

おむつ替えのやり方を教えてあげて、子どもにやらせてみるのです。
そして、できたら思いっきり褒めてあげてください。

 

すると、子どもは嬉しくなります。もっとやりたい!と思います。
そういったことから兄や姉としての立場を理解していき「頼られること」に嬉しさを覚えるようになります。

 

また、お手伝いをしてもらったら、お母さんも楽になりますよね。
そういった少しの工夫から、自分の負担を軽くしながら、子どものガス抜きを行うことだってできるのです。

 

まずは子どもが出す「寂しさのサイン」を見逃さないように。
そして、それをどう対処するのかをしっかり考えましょう。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加 

フィニッシュベイビーボックスで育児を楽に!

皆さんはフィニッシュベイビーボックスをご存知でしょうか?

フィンランドでは、赤ちゃんが生まれた時に、国から赤ちゃんへ贈り物をします。
その贈り物は「お金」と「マタニティボックス」と呼ばれる箱です。
お母さんは、そのどちらかを選んで受け取ることになります。

その際、皆さんであればどちらを選びますか?
実は、フィンランドの女性の多くは、マタニティボックスを選ぶのです。

マタニティボックスには、赤ちゃんが1年間育つのに必要なグッズが揃っています。
例えば、赤ちゃん用の服であったり、涎掛けであったり、おもちゃであったり、絵本であったり…
さらには、マタニティボックス自体が赤ちゃん用のベッド替わりとなるのです。

そんな便利なマタニティボックスですが、実は日本でも「購入」という形で手にすることができます。
それが「フィニッシュベイビーボックス」なのです。

最近では、多くの方がフィニッシュベイビーボックスを購入されています。
有名人の方でも購入する方が増えたため、知名度も上がってきましたね。

2人目以降のお子さんの場合は、お下がりがありますので、フィニッシュベイビーボックスはそこまで必要ではないかもしれません。
しかし、1人目の場合は、服や涎掛けなどの必需品を、すべて買い集めていかなければなりません。
手間もかかりますし、金額的にも辛いものとなります。

フィニッシュベイビーボックスであれば、それらの悩みを解決することができます。
フィニッシュベイビーボックスさえ購入すれば、それだけで準備が終わるのです。
また、値段的に見ても、フィニッシュベイビーボックスに軍配が上がります。

フィニッシュベイビーボックスには、2種類あります。
一つがオリジナルタイプ、もう一つがムーミンタイプです。
ムーミンタイプの場合は、お値段が1万円以上高くなってしまうのですが、ムーミン好きにはたまらないグッズがたくさん入っています!
また、値段が高いぶん、入っているものの質も高くなります。

赤ちゃんが生まれる季節、赤ちゃんの大きさによっても、フィニッシュベイビーボックスの中身は変わります。
オーダーメイドで、その赤ちゃん専用のフィニッシュベイビーボックスを手にすることができるのです!

トップページにて、フィニッシュベイビーボックスについて解説していますので、是非ご覧くださいませ!

子どもの睡眠は大切!